2016.03.25 Friday 22:54

春の鎌倉祭り間近。

4月10日から「第58回 鎌倉まつり」が始まります。

鶴岡八幡宮での流鏑馬・静の舞を中心に数々の寺社でのイベントに加え、今年は3年間にわたる平成の大改修を終えた段葛の完成記念行列も行われます。



▪3月30日段葛参道の完成の通り初め行事が行われます。

13:30 完工式
二の鳥居から歌舞伎の中村吉右衛門さん中心による通り初め
14:45 舞殿で中村吉右衛門さんの舞奉納


完成に急ピッチ。通りのセンターに旗などを吊るすようなポールを設置中

20160325 8:30am 

鎌倉まつりのころには満開だといいのですが。豊島屋さん前


ちなみに以前の段葛の春 まさに桜のトンネル。あと100年の時の流れを待ちましょう。 


大町3丁目あたりのソメイヨシノ 20160324 1分咲きくらいでしょうか。鎌倉ではソメイヨシノに負けじと山桜ももう一斉に開花を始めたところ。賑やかになってきました。 


▪「海蔵寺」のハナカイドウの様子を見に行きましたが、まだまだ早すぎました。道の奥深くにたたずむ花の古刹。


萱ぶきの庫裡が趣を感じさせます。これから花に囲まれた季節が始まります。


鎌倉駅から「海蔵寺」への通り道の「寿福寺」。木々に囲まれ静かなお寺です。山門までもきれいに整えられた参道が続きます。

20160325 8:45am 


 

昨年は紅葉で目を楽しませてくれた店頭のモミジがかわいい新芽を開き始めました。

器と雑貨 RAKU
http://www.raku-kamakura.com

 

2015.12.01 Tuesday 07:25

衞藤信恭・丹下久美子さん陶展終了しました。

 ありがとうございました。

11月29日 衞藤信恭賀・丹下久美子 「ふたりのうつわ」陶展 終了いたしました。

遠方からも多くの方にご来展いただけました。大変ありがとうございました。
 

ここ数日の急な冷え込みで、一気に鎌倉中の紅葉が進みました。

師走に入り、RAKUも店内装いを変え、年末・年始の準備をしていただく商品を取り揃えてお待ちいたしています。

器と雑貨 RAKU
http://www.raku-kamakura.com

2015.11.17 Tuesday 15:29

ふたりのうつわ 陶展開催

今日から衞藤信恭・丹治久美子さんの作品展はじまりました。

今日から11月29日まで「ふたりのうつわ」陶展が始まりました。衞藤さんらしい定番の作品から、丹治さんの優しい肌合いと緻密な模様の作品をご覧いただけます。

マットな白い丹治さんの器たち。両方の手のひらに優しく包み込まれる柔らかなフォルムと肌触り。






青・茶・グレーを基調とした衞藤さんの器。ひとつひとつの色とかけられた釉薬がだす独特な表情が、しっかり衞藤さんらしい安心感を与えてくれます。





こんなかわいい家の形や、他に船の形の香立ても今回は用意していただけました。


 


マットな肌合いのピッチャー。お洒落なフラワーベースにも。

 

今日の紅葉 20151117 8:00AM
日光のあたる部分からふわっと色づいています。きれいな紅葉となるためには、朝晩の冷え込みと適度な湿度が必要とのこと。先程から降り始めた雨が、この後一気に紅葉を押し進めることと期待します。


器と雑貨 RAKU
http://www.raku-kamakura.com

2015.11.02 Monday 23:08

衞藤信恭・丹治久美子 陶展

ふたりのうつわ 衞藤信恭・丹治久美子 陶展

11月17日(火)〜 11月29日(日)
11:00 〜 17:00 期間中無休


神奈川県秦野で作陶活動されている、衞藤さん・丹治さん、お二人による陶展。
「生活にとけこみ、毎日を楽しくする手しごと」と、いつもお話されるお二人のうつわの数々を展示いたします。

 20151103 DM






 

華頂宮邸・報国寺・浄妙寺・杉本寺・荏柄天神・鎌倉宮・瑞泉寺
開催時は丁度、路地裏の紅葉も色づき始め、鎌倉ならではのひと時をお楽しみください。


器と雑貨 RAKU
http://www.raku-kamakura.com

 

2015.11.01 Sunday 19:01

イベント速報

イベント速報です

11月17日(火)〜11月29日(日)
「ふたりのうつわ」

江藤信恭さん、丹治久美子さんお二人の若手陶芸家による作品展を開催いたします。

画像等でのご紹介は追って公開いたします。

良い季節です。皆さま、鎌倉ご散策がてらのご来店お待ちいたしております。
 
期間中は無休での開催となります。

器と雑貨 RAKU
http://www.raku-kamakura.com


 

2015.09.24 Thursday 14:19

作家さんの山葡萄の籠

シルバーウイーク期間特別企画です。

今やもう、材料の採取が困難になっています「やまぶどう」の蔓による手提げの籠です。
梅雨の合間のわずか数週間だけ、東北の奥深い山奥へ足を踏み入れ、直径10センチもあろうかという蔓を数名がかりで採取するといった大変危険な作業が行われ、皮剥ぎ・乾燥・加工された素材を使って、作家さんの手でひとつひとつ自然豊かに編み上げられました。デパート・ギャラリーでの展示では、あっという間に品薄となる作家さんに今回は「RAKU」特別企画として期間限定展示させていただきました。
今後材料入手困難でますます希少価値の高くなる作品と思います。この機会に是非ご検討してみてください。


期間 9月20日〜9月30日まで(日・月曜日定休)

使い込めば使い込むほど編み上がりもなじみ、色もアメ色へ変化し、本当に一生ものとして愛着が増して来ます。日本以外の製品と異なり、日本産の材料はその品質・耐久性に於いて秀逸しています。 今回価格6万〜10万(通常では考えられません)

500w×200d×350h かなり大きなサイズです。


400w×100d×270h 芭蕉布でつくった飾りがついています。芭蕉布だけでも大変貴重なものです。


手前から
260w×200d×200h 丸い形
280w×120d×150h 背の低い小ぶりな籠
320w×120d×260h 

 

連休は大変多くのお客様にご来店いただき、ありがとうございました。
今日からは、徐々にまた平常の静けさが戻り始めました。

器と雑貨 RAKU
http://www.raku-kamakura.com
 

2015.05.15 Friday 21:42

今年のイベント終わりました

ゴールデンウイーク中開催の 「路地裏のネコたち」 展、
無事終了しました。作家のみなさん、どうもご協力ありがとうございました。


 
 半澤 淳子
 岡村 洋子
 長田 恵 
 佐藤 大士


  


 





 松下カツミ
  
                      
  

 桜井ケンイチ
 猿田 壮也 
 乾  義弘 
 前川   幸生 
 大西   彦典 
                      
                                                                                                                                                      
                      

<<new | 1 / 1pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.